サッカーが日常ブログ

サッカーが今より上達したい、楽しみたいという方へのブログです。より実践的な解説、情報を選手の目線で発信しています。

サッカークロスの蹴り方 一番有効なクロスは?

f:id:yuno88:20220120224233p:plain

サッカーにおいてクロス(センタリング)というのは攻撃の手段です。

Jリーグで優勝した川崎フロンターレの得点シーンを振り返ってみてもクロスからの得点が多いです。

 

クロスの質やチームでの形というものがあれば、それだけで攻撃の武器になり相手からしても嫌な攻撃になります。

 

僕も社会人チームでサッカーをやり始めた時にずっとサイドハーフをやっていました。

また、僕はDFの経験もあるためクロスが上がってきた時のDF目線での感想もあるので、より追求したクロスを記事にしてみました。

 

 

クロス(センタリング)の種類

マイナスのクロス

       f:id:yuno88:20220120200818j:plain

この図からも分かるように自分達が目指しているゴールからは離れる(マイナス)方向にクロスを出すこと。

 

ニアのクロス

       f:id:yuno88:20220120201250j:plain

ニアのクロスは、近い場所で合わせるクロスのことを指します(この図だったら、⑥に近い⑨に合わせる)

ファーのクロス

       f:id:yuno88:20220120202805j:plain

ファーのクロスは遠い場所で合わせるクロスのことです。

アーリークロス

       f:id:yuno88:20220120203943j:plain

アーリークロスは相手のDFの背後に出すクロスになります。

f:id:yuno88:20220120224419j:plain

4つのクロスの特徴(メリット・デメリット)

マイナスのクロスのメリット

・ゴール前に比べるとスペースがあるためクロス自体の難易度は低いこと。

 

・シュートを打つ味方もスペースがあることにより、時間の余裕が生まれるため落ちつ               てシュートを打つ事が出来る。

 

・シュートを打つ味方と相手のゴールとの距離があるため、シュートコースを選択出来る。

デメリット

・相手のゴールとボールの間に相手のDFがいるため、シュートを打っても防がれてしまう可能性がある。

 

・キーパーと1対1になるシーンが少ない

ニアのクロスのメリット

・速いクロスを出すことによって、いわゆる速攻攻撃が出来る。

 

・DFがマークに付きにくい、対応がしにくい

ニアのクロスはファーのクロスと違って、速攻攻撃なのでDFラインやマークを整える事が難しい

 

・クロスを上げる人とシュートする人の距離が近いため、クロスの難易度が低い

・高さで相手に勝てない時にも使える

デメリット

・シュートする時に角度があまりない

ファーのクロスのメリット

・高さで勝負が出来る

・折り返して中に入れ返したり、クロスからシュートまでのバリエーションが増える

 

・クロスを上げる人と合わせる人の距離が長いため、タイミングを合わせやすい

・ゴール全体を自分の視野に入れることが出来るので、シュートコースを選択出来る

デメリット

・クロスからシュートまでニアに比べると時間が掛かってしまうため、DFにマークを付かれてしまったり、対応されてしまう

 

・ほとんどが浮き球なのでシュートの難易度が高い

アーリークロスのメリット

・相手のDFの背後にクロスが出来るため、相手のDFが対応しにくい

・速い段階でクロスが出来るため、サイドをそんなに突破しなくても良い

 

・キーパーと1対1になる場面が多くゴールチャンスが生まれやすい

・身長がなくても大丈夫

デメリット

・相手のキーパーとDFの間、さらに味方が走り込んできてドンピシャの場所にクロスを上げなければいけないので難しい

 

・クロスのターゲットが1人のことがほとんどなので、相手DFに対応されてしまうことが多い

f:id:yuno88:20220120224339j:plain

DFからの目線で一番嫌なクロス

冒頭でもチラッと書きましたが、僕はCBをやっていた(本職でした)経験があり、せっかくなのでDFをしていて嫌だなと思う実体験も書きたいと思います。

 

一番嫌だったのがニアのクロスです。

ニアはDFの対応が難しい😅

 

アーリークロスに対しては、CBでトップのマークの受け渡しやキーパーとコミュニケーションをとって、DF-キーパー間のスペースの対応をはっきり出来ていたので、守備出来ていました。

 

マイナスのクロス・ファーのクロスに対しては、ゴール前はゾーンディフェンスでは無くマンツーマンディフェンスだったので、しっかり対応出来ていました。

 

ただニアのクロス‥‥対応難しすぎる😭

 

ニアの対応は自分の守るゴールと相手のシュートコースの間にポジションを取らなければいけません。

 

つまりニアのクロスは速攻でスピードが速くて、ただでさえ対応が難しいのに、シュートする相手よりも移動距離が長いので足が速いトップがいたら、同じタイミングで反応し走り出していたら確実に崩されてしまいます。

 

なので、トップに初速で勝てない場合は、DFラインをある程度下げて戦うしかありません。

 

なので、これからクロスの練習をする方や試合に活かしていきたい方は、是非ニアのクロスをチームメイトと練習するのが良いと思います。

 

ニアのクロスはシュートする側の難易度が高いので、実際にトップをやっている人と練習して合わせていくのが大切になってきます。

 

まとめ

今回はクロスの種類とそれぞれの特徴と僕の実体験をもとに記事を書いてみました。

サッカーの得点で、クロスから得点することはとても多いです。

 

質の高いクロスはチームメイトとの練習でタイミングを合わせていくしか方法は無いです。

後は、場面場面でクロスの出し手と受け手の意識を合わせていき、この場面ではニアのクロス・ファーのクロスなどと使い分ける事が出来たら、簡単に得点を決めることが出来るはずです。

 

この記事がほんの少しでもあなたの役に立てたら嬉しいです😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明

 

サイドバックの役割・動きを理解して上手くなろう

f:id:yuno88:20220118222935p:plain

今回はそれぞれのポジションの動き・役割を説明していく中でSB(サイドバック)編です。

 

SBは一番無駄な走りをしなければいけないと言っても過言ではないポジンションです。

しかし、攻撃の時にゴールに結びつくようなパスが送れれば、得点のチャンスに貢献出来る可能性は十分にあるポジションです。

 

一番パスセンスが問われるポジションでもありますので、これからSBをやるという方や今SBやってるけど中々上達しないよっていう方におすすめな記事となってますのでぜひ読んでいって下さい!

 

・SBの役割

まず、SBの役割として大きく2つあります。

・DF(守備)

SBですので主に相手のミッドフィルダー(MF)とのマッチアップが多いです。

相手の攻撃はサイドを起点に攻撃を仕掛けてくることが多いので、そこを防ぐこと。

 

また、どうしてもSBの後方には広大なスペースが出来てしまうので、相手がそのスペースを使ってきても対処出来るようにする。

 

センターバック(CB)のカバーリングも大切。

自分と逆サイドにボールがある時、基本的に1枚ずつズレて自分の前のMFを下げることにより、ファーサイドのケアを行う

 

・オーバーラップ

やはりSBと言ったらオーバーラップですよね!

自分のチームが攻める時、サイドを駆け上がり攻撃参加をすること。

 

サイドを突破しクロスやアーリークロス・中に切り込んでシュートなど攻めのバリエーションが豊富でSBの楽しいところでもあります。

 

・SBの動き

チームによって決まりごとがあるかもしれませんが、ここでは基本的なオフザボール時の動きを紹介します。

 

・守備

相手が自分のサイドでボールを持っている時

      f:id:yuno88:20220118201042j:plain

あなたが④の選手で守備をしています。

 

相手選手の❹に近づきすぎると裏のスペースや相手の➓が矢印の方向に走られ、味方の⑧とのゲートを突破されてしまう。

 

ですので、図のようなポジションを取ることが望ましいです。

ゲートをなるべく開けないようにして、自分の背後のスペースに出されても対応できるポジションです。

 

仮に相手の❹の足元にボールが入ったとしても、それから1対1をする分にはディレイ(プレーを遅らせる)も出来るし、相手の攻めに時間がかかるので崩されにくいです。

 

また相手からスペースにボールが出されてしまうと、どうしても後ろ向きの守備になってしまうので守りにくいです。

 

❹の足元に入る分には、正面を向いた守備が出来るので守りやすいということもあります。

 

しかし、状況によりますが味方のCB(センターバック)が相手の2トップにマークを付けていて、味方の⑥が③のカバーを出来る位置まで落ちている時

      

       f:id:yuno88:20220118204455j:plain

このような場合は相手の2トップにたいし、味方のDFが3人(+1人)いるので、相手の❹へのインターセプト、プレスというのも良いです。

相手が自分の逆サイドでボールを持っている時

       f:id:yuno88:20220118205008j:plain

このポジションが良いです。

逆サイドにボールがあると相手チームも味方のチームもある程度反対側に寄ってしまいます。

 

そのため、自分の周りのスペースを埋めながら相手の❹の選手にボールが入った時、

すぐにプレスが出来るポジションを取ることが大事になってきます。

 

今のポジショニングは基本のポジショニングです。

チーム内で守備の形が決められているなら、そちらを優先しましょう。

 

・ビルドアップ時

       f:id:yuno88:20220118210314j:plain

出来るだけ高いポジションをとり積極的に攻撃に参加していく。

 

高いポジションをとっておくと前が詰まってしまった時でも、味方のCBと縦に近い関係なのでバックパスで安全に時間を作れる。

 

理想はサイドハーフがボールを受けて、外側をオーバーラップして攻めるのが一番分かりやすくて崩せる形です。

 

低い位置でボールをもらうと・・・

       f:id:yuno88:20220118213142j:plain

この図からも分かるように、ボールを受けた時には相手のプレスにより押し込まれてしまいます。

 

よく「ハマった、ハマった」という声を試合中聞きますが、相手にはめられパスを出せる場所が限定されてしまい、相手にボールを奪われてしまいます。

 

高い位置と比べるとボールを取られた時の危険度が増すのと、自陣のスペースが少なくビルドアップが難しくなっているのが分かると思います。

 

ビルドアップ時は高いポジションを取るのが良いと思います。

f:id:yuno88:20220118223134j:plain

・オーバーラップのタイミング

SBはやはりオーバーラップが醍醐味ですよね😊

サイドを駆け上がれた時は気持ち良い!

 

ですが、オーバーラップのタイミングが合わないと無駄走りが多くなってしまって疲れてしまいます。

 

意味のある走り、タイミングというのが重要になってきます。

 

僕も最初は攻めるのが大好きで、オーバーラップばかりしていました。

ですが、ボールがきません。

 

フリーで走ってるのになんでパス出してくれないのか?と考えた時に

ボールの出し手のことを何も考えずに、自分のタイミングで走ってボールを要求していました。

 

タイミングが悪かったのです。

 

オーバーラップはタイミングが大事

 

自分にボールを出してくれる味方はしっかり前を向いて、オーバーラップしているあなたの姿が視野に入っているでしょうか?

 

チームの練習で形を決めていたりしたら話は別ですが、人間は視野に入ってないところにボールは蹴りません。

 

自分勝手に走り出してもボールは来ないのです。

周りを見ながら、アイコンタクトを取りながら、良いタイミングで走り始めれば何かしらのアクションがあるはずです!

 

なお、オーバーラップした後の「自分のポジションのケアをどうするか」チームで話しておくことが必要です。

 

オーバーラップは攻めに厚みが増して攻撃のバリエーションも増えるため、相手としたら相当嫌だと思います。

 

ですが相手にボールを取られた時、SBのあなたも攻撃に参加しているため、あなたの守備するスペースを相手に使われてカウンターを喰らってしまいます。

 

オーバーラップした後のケアは必ずチームで話して決めておきましょう。

 

・まとめ

SBはとにかく走るポジションです。

フリーランニングがとても多く、疲れるポジションだと思います。

 

ですが、そのフリーランニングで相手を惑わし得点に繋がることもあります。

オーバーラップして高い精度のクロスが上げることが出来れば、得点に絡むことも出来ます。

 

SBは攻守において躍動できるポジションだと思います。

頑張って下さい!応援しています📣

 

 

 

 

 

 

『サッカーあるあるネタ』あなたのあるあるネタは本当か?現役サッカー選手が思うあるあるネタ

f:id:yuno88:20220116130907p:plain

あるあるネタはみんな一度は見たことあると思います。

僕はサッカーのブログを書いているし、現役でサッカーやっているので、

今回はサッカーあるあるネタを書きたいと思う。

 

 

サッカーをやっている人なら共感できると思うし、サッカーに興味を持っている人なら、このネタを知っていればサッカーやっている人と話が盛り上がったり、共感してくれるはずです。

 

それではいきまっしょい!

 

 

とりあえずチャラいと思われている

なぜか言われるよね笑笑

 

サッカー部ってだけで足が速いと勘違いされる

誰しも足が速いと思うなよw😜

足が遅い言い訳が大体「テクニック派」って言いがち

 

ラインマンやりたくないマン

絶対ラインマン(審判)やりたくないからジャンケンの場にいなかったり、いきなり怪我と言い出す

 

ビブスが臭すぎる

特に夏。臭すぎる。

 

冬のグランドが固すぎる

転んだだけで重症

 

サッカーボールに座って怒られる

僕も監督からめちゃめちゃ怒られました😅

 

みぞおちにボール入った時の苦しさエグい

僕は呼吸出来なくて、5分くらい動けませんでした

 

ボールが急所に入った時の苦しさもエグい

気持ち悪くなるよね😭

 

雰囲気でサッカー上手いかどうか判断しがち

上手そうな雰囲気あるやつは大体上手い

 

左利きに憧れる

左利きってなんかいいよねw

 

雨の日の試合程モチベ下がることない

土のグランドの時は色々覚悟する

 

PKのプレッシャーが凄い

みんな見てるし、あれは緊張するね

 

相手に外国人選手がいるとそれだけで警戒する

見た目が上手そうは確かにある

 

スパイクめっちゃ持ってる奴いる

絶対全部使わんだろってくらい持ってる

 

個人技見せつけるだけ見せつけて結局なんでもないパスする奴いる

何人か抜いても、全然前に進んでいなくて疲れただけの奴

 

外にボールが出たら、とりあえず「マイボー」って言っておく

絶対相手ボールでも言っちゃうよね笑

 

とりあえずアップで声出しとけば強そうに見える

うん、強そう

 

1対1の練習になるといきなり股抜きにチャレンジする奴

1回成功しちゃうとハマるやつ

 

スローインファールスロー指摘してくる奴

プレーが流れても気まずいよね・・

 

オーバーラップした後、戻りたくない

ボールが来ないでと願う

 

絶対に競らないマン

大体上手い奴

 

トレセンマウント取る奴

小、中学生の時はパラメータ

 

ガタイがおかしい奴いる

ラグビー部かと思う時あるよん

 

コート外へのクリアが大きすぎる

ボールを拾いにいくっていう時間稼ぎしてた

 

野球部がなぜか上手い

なんか上手いよね笑

 

冬の練習で耳にボール当たった時の痛さ異常

痛すぎる、結構な時間片耳しか聞こえん

 

「お前らは審判じゃねーだろ」言われがち

オフサイドとかファールアピールすると必ず言われる

 

試合前に爪切ってないと焦る

忘れず切っていきましょう

 

転んだらとりあえず痛がる

時間稼ぎであるね

 

絶対ライン割るボールでも最後まで全力

小学生の頃とかそうでした

 

ボランチ=上手いになりがち

やめてほしいよね😅

 

フィジカルトレーニング前にやたら保険かけてくる

昨日〇〇したからー←多いよね

 

朝早い試合はモチベ下がる

朝早いの嫌だよね

 

風が強い時カーブ蹴りがち

実際めちゃくちゃ曲がる

 

スローイングはポイントからかなり前に出て投げがち

審判に戻されてる時あるよね

 

ヘアバンドつけてる奴上手い

大体上手いんだよね

 

2-0で勝ってる時が一番危険

1-0よりも2-0の方が危険

 

監督いないからふざけてたら、実は遠くで見ている

呼び出し食らいました・・・

 

監督の車のナンバーと車種は絶対に覚えている

車ない時の安堵感凄い

 

ランメニュー大体サボる奴いる

コースをショートカットしてました😅

 

まだまだありますが、共感した人は多いはず!

 

皆さんも自分で体験したあるあるがあれば、ぜひコメント欄に書いてくれると嬉しいです。

 

今回はサッカーあるあるを書いてみました。

 

 

サッカー 上手くなるために日常生活で鍛えられる練習法を紹介!

f:id:yuno88:20220114223815p:plain

皆さん普段はどのように過ごしていますか?

学生さんだったり、仕事で働いている方などがいると思います。

 

僕も会社員で働いているのですが、仕事から帰ってきてサッカーの練習って正直ハードですよね😅

 

ここでは『サッカーが上手くなりたいけど、練習している時間がないよ』、または

日常生活の中でも鍛えたい』という方向けに日常生活に組み込める動作の練習法を書いていきたいと思います。

f:id:yuno88:20220114225606j:plain

歩く時

歩く時どうやって歩いていますか?

多くの方が無意識に歩いていると思います。

 

実はここにも鍛えられるポイントがあります。

僕は歩く時に足の指先で地面を掴んで蹴り出すイメージで歩いています。

 

サッカーをやっていて足の指先というのは、もの凄く重要になる部分だからです。

指先ってあまり意識されない部位ではあると思うのですが、ボールを蹴るとき軸足の踏み込みにとても関係してきます!

 

特にシュートシーンなんかでは凄いスピードでドリブルや走り込んできてのシュートという形はよくあると思います。

 

当たり前ですが自分の体勢が良い方がシュートが入る確率は高いです。

指先を鍛えれば「ブレない軸足」が手に入ります😊

 

日本人は、1日の平均歩数は

男性が約6700歩

女性が約5800歩

なので1歩1歩意識することは難しいと思いますが、自分に余裕がある時や休みの日に意識してやってみると周りと差が出来るかなと思います。

 

ちなみに僕は、やり始め指先が攣りました😭

皆さんも無理はしすぎないように適度にやりましょう。

f:id:yuno88:20220114223941j:plain

何かのタイミングで振り向く時

日常生活で振り向く瞬間って絶対にあると思います。

その時に、ただ振り向くだけでは勿体無いです。

 

どうせ振り向くなら、振り向いた瞬間にすぐに状況を把握するという直接視野の練習になります。

 

サッカーでは、一瞬の首振りで多くの情報を頭に入れることが出来るようになります。

プロでは久保建英選手なんかが凄いですよね!

 

また、関節視野も日常で鍛えることが出来ます。

例えば、物、機械、人ターゲットを1つ自分で決めます。

 

ターゲットを直接視野で認知しながら別のターゲットの状態を関節視野で確認します。

こうすることで、関節視野が広がったり、関節視野で認知できる情報が増えたりします。

 

日常生活において視野を鍛える方法は沢山あると思いますので、自分のやりやすい方法で鍛えるのが一番良いかなと思います。

 

視野を広げることについてまとめた記事もあるので、良かったらこちらもチェックしてみて下さい😊

enjoysoccer.hatenablog.com

 

f:id:yuno88:20220114224213j:plain

高く跳び上がる時、立っている時

僕は自分の車に乗るときは駐車場が約1メートル位高い所にあるので、毎日飛び越えて駐車場へ向かっています。

 

そんなある日、毎回ジャンプするために踏み込む足が一緒なことに気がつきました。

無意識のうちに着地が利き足になるように、利き足と逆の足でジャンプしていたのです。

 

皆さんもそういう経験はありませんか?

 

例えば、あなたがコンビニのレジで並んでいるとしましょう。

 

どちらかの足に体重が掛かっていませんか?

 

僕の場合、利き足が右足なので左足が軸足になることが多いです。

そのせいか、ぼーっと立っている時も無意識のうちに左足に体重が乗っていました。

 

サッカーで利き足と逆の足も使えた方が間違いなく有利です。

それと同じように身体も偏りがあるより、バランスが取れていた方が良いと思います。

 

両足を鍛えることによりどっちの足でも質の高いボールが蹴れるようになるので、ぜひ日常で意識してみて下さい😊

f:id:yuno88:20220114225058j:plain

音がある場所にいる時

音はサッカーの試合でも必要不可欠です。

味方のボールを呼ぶ声、相手の足音などサッカーにも十分関わってきます。

 

音がするところでは、その音の距離感を把握するということが重要になってくるので意識してみて下さい!

 

何かを報告する時

やはり簡潔に物事を伝えると言うのはサッカーにおいても大切です。

サッカーの試合中は常にボールが動いている中での指示なので、いかに簡潔に正確に伝えるかが大事になってきます。

 

サッカーにおける言語化の記事はこちら😃

enjoysoccer.hatenablog.com

 

まとめ

どうでしょうか?

こうやって見てみると本当に簡単なことですが、意識出来るか・出来ないかの違いかなと思います。

 

5感と呼ばれる内のサッカーで必要になってくる視覚・聴覚・触覚の部分は練習出来ます。

 

1日1日は大したことのない動きかも知れませんが、これを毎日やっているとしたらどうでしょうか?

 

少しの差が1年後、10年後大きな差になっているはずです。

 

皆さんもいつもの1日をイメージして頂いて、是非皆さん色々なことを意識して毎日の日常を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

サッカーボール遊び 〜ボールを使って遊びながら上達しよう〜

f:id:yuno88:20220112212852p:plain

皆さん、サッカー楽しめていますか?

今、どうでしょう?

 

心に手を当てて考えてみて下さい🤔

 

だんだん勝つことに執着して楽しめていない方は少なくないと思います。

何のためにサッカーやっているのか分からなくなったり、好きなことで始めたサッカーがいつの間にか嫌になってしまうことは少なくありません。

 

今回は友達と楽しめて、かつ自分のスキルも磨ける遊びを6つ紹介していきます。

f:id:yuno88:20220112212938j:plain

1つ目にサッカーゴルフです。

 

別に名前は何でも良いのですが笑

 

場所はどこでも良くて、缶やペットボトルなど目印となるものを置きます。

後は、ゴルフの要領でゲームしていくという遊びです。

 

これは、ボールコントロールとキックの正確性が向上します。

 

2つ目にバー当てです。

 

これは蹴る場所はどこでも良いのですが、サッカーゴールのクロスバー(ゴールの上のバー)にボールを当てる遊びです。

 

サッカーゴールがあることが前提にはなってしまうのですが、あればぜひやってみて下さい!

僕はこれがとても楽しくて、気づいたら2時間くらいぶっ通しでやってました😅

 

何本蹴ったかは数えていませんが、僕は2時間で15回クロスバーに当たりました。

みなさんもやってみて、ぜひ結果をコメント欄に書いてくれると嬉しいです😊

 

3つ目にサッカーバレーです。

 

線を書いたり、目印となるものを置いてある程度のコートを作り、真ん中に線を書いて、後はバレーボールと同じ要領です。

 

ネットがないため、バレーでいうアタックはヘディングのみで行います。

人数に応じてコートの大きさを変えてやってみて下さい!

 

4つ目にサッカーカーリングです。

 

これはボールが沢山あることが前提になってしまうのですが、

名前の通りサッカーボールを使ったカーリングです。

 

グリッドを書いても良いですが、面倒臭かったり書くことが出来な勝ったりしたら、目標物を設定し、固定して置きます。

 

何球使うかを決めて目標物との距離で争うゲームです。

f:id:yuno88:20220112214739j:plain

5つ目にPK対決です。

 

サッカーやってる人ならみんなやったことがあると思います。

僕は何回やったか分からないです。

 

これはそのままですが、PKが上手くなると同時にゴールの大きさの感覚を覚えることが出来ます。

ゴールがない場合は、目印になるものを2つ置いて即席のゴールを作って遊んでみて下さい!

 

6つ目にリフティングです。

f:id:yuno88:20220112214811j:plain

ボールを落とさないように2人以上でリフティングします。

慣れてきたら人の間隔を開けるとまた違った楽しみもありますし、トラップの練習にもなると思うのでぜひやってみて下さい!

また、リフティングの効果について別の記事でもまとめているので良かったら見てみて下さい😊

enjoysoccer.hatenablog.com

 

 

サッカーは楽しいスポーツです。

勝って楽しければ一番ですが、普段の練習から勝ちにこだわり過ぎて無理をしている方はいませんか?

 

成長ばかりを気にしてストレスを抱えながら、サッカーをしていたりするとかえって良いプレーが出来ません!

 

せっかくやっていることですので、その時間を全力で楽しみましょう😊

 

 

辛い、嫌だという気持ちでサッカーをやり始めた人はいないと思います。

初心に帰ってもう一度サッカーを純粋に楽しむというのも大事だと思います。

ぜひ、今回紹介した6つの遊びを試してみて下さい!

 

サッカー ミドルシュートの理解とコツ 練習方法

f:id:yuno88:20220110152702p:plain

皆さんサッカーをやっていると分かると思いますが、ミドルシュートってとても難しいですよね?

 

ある程度距離があるシュートなので、正確性とスピードが求められます。

 

試合中にミドルシュートが決めれればヒーローでかっこいいすよね😃

憧れはありますが、難易度が高いシュートですのでなかなか打つのには勇気がいりますよね😭

 

この記事を読めばミドルシュートが上達し、自信を持ってシュートを打つことが出来ます!

 

ミドルシュートの難しさを理解しよう

 

ミドルシュートはとても難易度が高いシュートになります。

 

まずは、ミドルシュートのどういう所が難しいのか理解することから始めましょう。

 

シュートするまである程度の距離があること

ここでポイントになってくるのが、シュートの威力と正確性だと思います。

シュートの威力がある程度ないと距離がある分、よほどコースが良くないとキーパーに反応されてしまい取られてしまいます。

 

正確性も重要です。

威力があってもコースが甘いとキーパーに取られてしまいます。

 

この2つが揃うかどちらかが特化しないとミドルシュートは決まりません。

 

 

動いているボールにしっかりミートさせなければいけない

 

試合中は常にボールが動いています。

動いているボールにしっかりミートさせなければ、ボールに力が乗らず思ったところに行きません。

シュートを打つ時は軸足も大事になってきます。

ボールが止まっている時の軸足の位置は定まりやすいですが、ボールが動いていると軸足の位置とボールとの距離がいつもと変わってきてしまい定まりにくいです。

 

これらのことがミドルシュートの難しさにあると思います。

f:id:yuno88:20220110153031j:plain

ミドルシュートを得意にする為には

先ほどミドルシュートの難しさを理解しましたよね

 

ここではそれらを踏まえて、どうしたらミドルシュートが得意になるのか考えてみましょう!

 

結果としては単純にミドルシュートの難しさをいかに自分のものに出来るかだと思います。

 

まずは、シュートの威力と正確性です。

威力の点は、上手くボールに力を加えることが出来れば自然に強いシュートが打てると思います。

正確性に関しては、体幹、ボディバランスと軸足の位置が大事になってきます。

 

2つの共通点で大切なことは力まないということ

 

まとめると、威力と正確性に重要なことは

 

体幹(ボディバランス)、軸足の位置、蹴るときは力まないこと

 

になります。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

1つ目に体幹(ボディバランス)です。

 

やはり、ボールも動いているし動きの中でシュートをすると思うので、身体のバランスが崩れると良いシュートは打てません。

 

動きの中で踏み込んだ軸足1本で身体を支えることが出来るかが重要になってきます。

 

2つ目に軸足の位置です。

 

軸足は正確性という部分で大きく関わってきます。

軸足が蹴りたい方向に向いていること、自分の軸足とボールとの距離の把握、しっかりと踏み込めているかが大きなポイントになってくると思います。

 

3つ目に力まないことです。

ガチガチに力んでしまうと蹴るフォームも固くなってしまい、筋肉も固まってしまいます。

そうすると、筋肉の収縮が使えず100%の力がボールに乗せれません。

 

また、シュート時に身体のしなやかさが使えないので、動きながらのシュートはワンテンポ遅くなってしまったり、スピード感に着いていけなかったりします。

 

シュートするインパクトの瞬間のみ力を入れるイメージが良いと思います。

 

 

これらの理由から、ミドルシュートを得意にするには

 

体幹(ボディバランス)、軸足の位置、蹴るときは力まないこと

 

を練習する必要があります。

f:id:yuno88:20220110121644j:plain

ミドルシュートの練習方法その1

イングランド式シュート練習です。

イングランド式シュート練習はその名の通りイングランドの選手たちが行っているシュート練習です。

 

簡単に説明するとゴールの端からボールを蹴ってもらい、トラップしてシュートするというものです。

 

トラップも次にシュートできる形にしなければいけないので重要になってきます。

試合中に敵陣のゴール前はあまり自由な時間はないので、トラップしてからあまり時間をかけすぎずシュートすることを心掛けましょう!

 

ここで軸足の位置や体幹インパクトの瞬間に力を入れるイメージを鍛えていきましょう。

リゼムさんの動画も載せておきますね😊


www.youtube.com

 

ミドルシュートの練習その2

次に正確性の練習です。

 

こちらはゴールの4つ角にコーンやビブスを設置して、そこのコースにシュートしていくことで正確性を養っていきます。

 

これは先ほど紹介したイングランド式シュート練習に組み込んでも良いですし、最初はボールを少し転がして的確に4つ角を狙うでも良いですし、そこは個人の判断で良いと思います。

 

何本も蹴っているうちに、自分の得意な形というものが分かってくると思います。

試合中バイタルエリアに入った時、自分の良い形を知っていれば、それなりに準備することも出来ると思います。

自分の良い形を知るという面でも良い練習と言えると思います😊

 

・まとめ

試合で勝つためには得点を取らないと勝てません。

ミドルシュートはあくまで得点の手段でしかありませんが、キーパーと1対1になる場面より多くあるチャンスだと思います。

 

そこでいかにゴールすることが出来るかがチームの勝率にも影響してきます。

 

また、ミドルシュートが得意になると相手も当然プレッシングにくるのでそこを剥がせることが出来ればビックチャンスになります。

 

ミドルシュートを得意にするだけで、相手DFが嫌な存在になれると思います。

 

最初は難しいですが、ぜひ練習して自分のものにして下さい😄

サッカー 効率の良い逆足の練習方法

f:id:yuno88:20220108200832p:plain

皆さんサッカーにおいて両利きって憧れますよね?

 

僕の利き足は右足なんですが、左足でボールを扱うのがとても苦手でずっと練習していませんでした😅

 

ですが、社会人チームでサッカーをやっていく中でやっぱり両足蹴れた方が便利だし、自分のプレーの幅が段違いに広がると感じました。

 

このブログを見てくださっている方も、そんな感じの悩みや逆足が蹴れるようになりたいと考えていると思います。

 

いざ、インターネットで調べてみるとたくさんの練習方法があります。

僕は色々調べていくと、結局どの練習が良いのか分からなくなってしまいました😭

 

僕以外にもこんな思いをされている方がいるんじゃないかな。と思い今回は僕からの練習方法として2つ挙げさせて頂きます!

 

 

逆足の練習方法その1

逆足の練習方法の1つ目は、逆足リフティングです!

 

これはリフティングが出来る方対象ですが、もし「リフティングが苦手だよっ!」という方は、リフティングについてのブログも書いていますので、もし良かったらチェックしてみて下さい😊

enjoysoccer.hatenablog.com

リフティングをする時は両足で出来る人が多いかと思います。

これを利き足とは逆の足だけでリフティングするという練習になります。

 

これだけ?と思う方もいると思いますが、やってみると分かると思います。

・・・・・意外と難しい!

 

僕はリフティングには自信がある方なのですが、逆足だけのリフティングは始めた当初は20回出来れば良い方でした😅

 

そして軸足(利き足)が、すぐ疲れてしまうというか、しんどくなってきます。

 

これは軸足のバランスが上手く取れていないため、バランスを取るために軸足の筋肉がエネルギーを使っているので普段軸足にしている足よりも消耗が激しいことが原因の1つに挙げられます。

 

ですので、しんどくなるということは、バランスを取ろうとしているということなので、とても効いている証拠なのです!

 

逆足リフティングのメリット

 

メリットとして

・軸足(利き足)のバランス感覚を養える

・逆足のボールコントロールの向上

があります。

 

まず、軸足のバランス感覚が養えるということなのですが

逆足リフティングは軸足の片足立ちになります。

 

利き足でボールを蹴っている時に分かるのですが、軸足がブレないこと・安定していることはとても重要です。

 

逆足リフティングをすることにより、軸足のバランス感覚が養われ、逆足でボールを蹴る時に軸足が安定します。

 

逆足のボールコントロール向上ですが、これはリフティングについてのブログでも書かせて頂きましたが、リフティングはボールの中心にしっかりミートさせることが重要なので逆足リフティングを続けることによりボールへミートする感覚が養えます。

f:id:yuno88:20220108201226j:plain

逆足の練習方法その2

逆足の練習方法の2つ目は実際にボールを蹴ってみて動画を撮影し利き足のフォームと同じにするということです。

(利き足がしっかり蹴れる場合です)

 

いくら軸足のバランスが取れるようになってもフォームが崩れていると、上手くボールに力が加わりません!

 

利き足で蹴っている時は無意識で出来ていても、逆足になると出来ていないことが沢山あると思います。

 

僕も逆足を練習している時に利き足と一緒のフォームを意識しながら蹴っていましたが、動画で撮影して映像で見てみると全然違いました。

 

やっぱり映像で自分の動きを確認するというのが重要だと思います。

 

映像だとスローにも出来るし客観的に自分を見れるので、自分が意識してることが出来ているのかチェックすることも可能です。

 

逆足と利き足のフォームの違いは必ずあると思います。

僕の場合は、広げた手の角度・振り上げた足が利き足と比べて上に上がっていない

・軸足の位置が違う

などなど沢山ありました。

 

それらを直していくことで利き足と同じようなボールが蹴れるようになります。

 

まとめ

冒頭でも書きましたが、両足蹴れることにより自分のプレーの幅が格段に上がります。

今まで自分が出来なかったり、考えにないような選択肢も増えると思います。

 

逆足が蹴れないという悩みはサッカーをやっていると一番多い悩みでもあるので、この2つを練習して両利きになれるようにトライしてみて下さい!